So-net無料ブログ作成

白衣の天使とのセックス -3 [性愛]

初めて会った時は東京都内のビジネスホテルで私がバイブレーターを持参
して、最初から三回のセックスということになり、その後は彼女の住む町
の近くまで出かけたり、東京都内で会ったりして一番長い期間付き合った
女性ということになります。

結局は彼女に年下の彼が出来て、セックスが上手くて何度も出来てという
話を聞いて、これは潮時だなと思ったので、今までの私の歴史の中で最初
で最後に私から別れを告げました。

別れるという点については、これからも私から別れを持ち出すことは無い
と思っています。


girl-785.jpg

私以外に彼がいたことは知っていましたが、その彼と別れて出来た若い彼
そりゃあもう、いつも一緒に仕事をしているということもあり、遠く距離
の離れた私、セックスも上手くない私、何度もできなくなりつつある私が
まだお付き合いを続けようと言う理由は皆無ですから、続くわけがないと
思ったのが別れた理由です。

と、まあそれはともかくとして、彼女とのセックスではパンティを履いた
ままで挿入して射精するとか、ずっと抱き合って過ごすとか、私の願望を
いろいろと叶えてくれたことも含めて、とても感謝しています。

girl-783.jpg

私のペニスを喉の奥まで含んで、涙目になりながらもフェラチオを続けて
くれましたが、結局、口の中ではイクことが出来なくて、ヘタでごめんね
と言われて恐縮したり…いろんな思い出がありますが、今では幸せな日々
を送ってくれていれば良いなと思います。

って、しみじみと過去を振り返っても仕方ないんですが、思わず思い出の
中に浸ってしまいました。(多分、秋だからです。)

白いパンティが白い肌に似合っていて、前戯をしていると白い肌が徐々に
ピンク色に紅潮し、割れ目を愛液が伝い始める頃になると、甘い喘ぎ声が
漏れ始めて、小さめの膣口に指を挿し入れるとキュッと締め付ける感触。

指先で何度かイッたその後で正常位で抱き、騎乗位で突き上げ、バックで
子宮口を突いて彼女の中に射精しました。

帰りの電車の中で精液がパンティを濡らしたとか、デートの帰りの新幹線
の中で、そんなメールを受け取るとなんとも言えない幸福感みたいな物を
感じて理性と感情を上手くコントロールしないと取り返しのつかないこと
になりそうだな、と自分自身に言い聞かせたものでした。

girl-789.jpg

いつまでも続けたい関係でも、終わらなければならない関係というのは、
哀しい関係ではありますが、それでも一瞬だけの強い愛情関係が欲しいと
思ってしまうのが婚外恋愛というものだと思います。

この女性との話を書いていると思い出は美し過ぎて、みたいな話になって
しまうので、この辺にしておきたいと思います。

次回は、また別の看護師さんとのセックスの話です。


官能的だった(6)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。