So-net無料ブログ作成

朝から欲情する人妻 -4 [性愛]

用意した下着を履いて行くから待っててね、そう言われて彼女よりも早く
バスルームを出て、バスタオルだけを巻いてベッドに座って彼女が新しい
下着を着けて出てくるのを待っていました。

Tバックのパンティー一枚だけの姿ではなく胸までをバスタオルを巻いて
彼女が現れました。
いきなりじゃ恥ずかしいでしょ?と彼女が言います。

Tバックパンティーで出てくるよりも、脱がせるということにもやっぱり
欲情は高まるもので彼女が恥ずかしいからというよりは、私の興奮を少し
高めようとする彼女の演出だったのではないかと思いながら、バスタオル
を引いて彼女を抱き寄せて、まずは感触でTパックを感じます。


girl-681.jpg

小さな布地に包まれた秘めやかな場所は、お風呂の中で温めたからなのか
いつもよりも温かく感じられ、お尻の谷間に沿って細い紐で引っ張られて
いるためにぷっくりと盛り上がっているのが感じられます。

お尻の谷間に沿って指を伝わせ、腰の部分で背中側に引き上げると股間に
食い込む感触で、彼女があっと声を出しました。

girl-684.jpg

彼女のセクシーな姿を見ようとバスタオルを外すと股間の恥毛の中心部分
だけを隠しているパンティーが現れました。

夫ともセックスをするから毛を剃るのはマズイの…とパンティーの脇から
はみ出した陰毛を手で隠しながら彼女が言います。

陰毛がはみ出ていることよりも夫とのセックスという言葉に嫉妬の気持ち
を感じた私は恥丘をギリギリで覆っているパンティーを少し強く引き上げ
そんなことを言うと苛めちゃうぞ、と冗談ぽく言いました。

彼女がわざと口に出したのはわかっていましたが、やはりちょっと悪戯を
してみたくなったのでした。

girl-679.jpg

大丈夫、夫とは普通のセックスしかしないしコンドームなしでセックスを
するのはあなただけよと石鹸の香りのする恥部を私の顔に押しつけながら
彼女が言いました。

後ろを向いてみて、と彼女のお尻側からTバックの様子を見ます。
お尻の割れ目にしっかりと食い込んでいる、ひも状の布地を見ていると、
やはりこの形のパンティーを履いて日常を過ごしたら股間やお尻の谷間が
痛そうだな、なんてセクシーではないことも思いましたが、せっかく彼女
が新調した下着ですから、デートの前に話をしていたようにパンティーを
履いたままでセックスをする段階へと移すことにしました。

部屋の明かりはどうするの?と聞くと、せっかくだからパンティーがよく
見えるように明るくしてセックスしようと言うので、そうすることにして
彼女にベッドの上へと上がってもらいました。

1-hair-224.jpg

パンティの脇から女性器に指を押し当ててみると、先程までの悪戯だけで
すでに膣口からは液体が漏れ出て、ひも状の部分はしっかりと愛液に濡れ
ヌルヌルとした感触を指先に伝えてきました。

もう入れていいよ、お尻を高く上げて彼女が言いますが、やはりセックス
は女性に何度エクスタシーを感じてもらうのかが重要だと思うので、私の
指先とペニスと舌を使って、彼女に絶頂まで上り詰めてもらうことを優先
させることにしました。


官能的だった(6)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。