So-net無料ブログ作成

ニンフォマニア(淫乱症)-13 [性愛]

携帯電話のアラームで目が覚めたのが午前7:30。
食事を8時で予約していたのでシャワーの時間も考えて食事の30分前には
目が覚めるようにセットしていたのでした。

二人で一緒にシャワーを浴びよう、という彼女と一緒に広めのバスタブに
立ってお互いの性器を指で洗い流していると割れ目の内側からヌルヌルと
愛液と精液が漏れ出てくるので、なかなかサッパリというわけにはいかず
しばらくの間、お互いの体を撫で回すようにしてシャワーを続けました。

クリトリスにシャワーを当てて指先で撫でていると、また感じちゃうから
と言いながら立ったままで彼女が腰を振っていました。


girl-677.jpg

そんな戯れを30分続けて、全身から石鹸の香りをさせながら食事に行って
朝食を終えて部屋に戻ると、彼女がもう一回抱いて欲しいと言いました。

ベッドの上はまだ湿り気を帯びていて、精液の匂いもするのでセックスを
したら、またシャワーを浴びなければいけませんが、チェックアウトまで
あまり時間もありません。

ベッドの布団をシーツの上にかけて、彼女にはベッドの端に座ってもらい
そのままスカートを捲りあげて、パンティのクロッチを端に寄せて女性器
に触れてみると、昨夜からあれだけ何度もセックスをしているのに、再び
彼女の女性器はヌルヌルとした愛液を溢れさせてペニスを求めています。

彼女はパンティを履いたまま、私は下半身だけ裸になって猥褻な女性器を
見て勃起したペニスを彼女の中へと挿し入れました。

samen-6.jpg

ベッドの端で大きく股間を開いて私を受けている彼女。
私は立ったままで、ベッドに腰を打ちつけているような体勢だったために
クッションの反発が強く、彼女が腰をはね上げるような感覚で膣の奥深い
場所までペニスがズンズンと当たっていました。

彼女の締め付けが再び強まり、布団を掴んでいた手が私に抱きついた時に
膣口がキュッと数回細かく何度も締め付けられて、何度目か数えきれない
エクスタシーに達し、私も締め付けに耐えきれずに膣内に射精しました。

腰が重く感じられ連続でセックスをした余韻を全身に感じながら後始末も
そこそこにホテルを出て、彼女に駅まで送ってもらってオールナイトでの
セックスは終わりました。

電車に乗ってしばらくしてからメールが来て、今、私の中からドロドロと
あなたが私の中に残した精液が出てきましたという内容でした。

samen-6.jpg

そして、本当はもっと一晩中セックスがしたかったです。
またの機会を楽しみにしていますと書いてありました。

その後、この女性と会っていないので一晩中のセックスは現時点では経験
がありません。

もしも一晩中セックスをしたら何回出来るのか?ということには以前から
興味がありますが射精を伴う本来の意味のセックスは、そんなには出来る
とも思えませんが、どうなんでしょうね。
夜から朝の間に、七回以上の射精をした人ってあまりいないと思います。


官能的だった(6)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。