So-net無料ブログ作成

ニンフォマニア(淫乱症)-10 [性愛]

オールナイトでセックスをすると話をしておきながら、四度目のセックス
が終わった時点で時計の針は午後10時を過ぎたところでした。

四度目の射精でペニスは硬度を失い、強い膣圧によって僅かな精液と共に
膣の外に押し出されてピクリとも動きませんでした。

ペニスを四度挿入しバイブレーターでもエクスタシーに達しましたが彼女
は特に疲れた様子を見せることなく、萎えた私のペニスを手の中に包んで
柔らかく揉みながら少し休憩しましょうか?と言いました。


girl-632.jpg

彼女を背中側から抱いて、片手で乳房を揉みながら、もう片方の手で股間
に生い茂る陰毛を手で掻き回してテレビを見ていると、いつの間にか寝て
しまっていましたが、肛門に感じた違和感で目で覚めました。

こうすると立つのよ、と彼女が言って私の肛門に第一関節まで挿し入れて
いた人差し指を引き抜きました。

彼女が持参したローションを指先に垂らし、痛くないようにするからと、
私の肛門の中に再び指先を挿し入れてきました。

前立腺マッサージって知ってる?
なんとなく聞いたことはあるけど、経験は無いですねと答えると、じゃあ
初めての経験になるのね、と言って右手の人差し指を肛門に挿し入れて、
左手でペニスの根元から亀頭の方向へと手を動かしています。

実際に見えているわけではありませんが、かなり奥の方まで肛門の中に指
が入っている感触がしていましたが、ペニスの方向へ指先を曲げた感触が
すると今までに経験したことのない快感がペニスへと伝わって、ムクムク
という感じでペニスが固く屹立しました。

1-hair-194.jpg

このまま前立腺をマッサージしていると、一気に精液が出て来ちゃうから
勿体ないから止めようか?と彼女が言いました。

本音の部分では前立腺マッサージという方法で射精をしたことは無いので
そんな経験もしてみたいとは思いましたが、彼女が望んでいるのは自らの
膣内で、または口の中で精液を噴出させることだということが、雰囲気で
感じられたので、そうだね、今度はどこに出して欲しい?と聞くと、まだ
あなたの精液の味見をしていないから、お口の中に出して飲ませてと予測
した通りの答えが返ってきました。

お尻の穴の中に入れていたから、一応洗ってくるねと言って、彼女が手を
洗いに行きました。

時計を見ると寝ていたのは約二時間ほどで、バイブレーターの場所が先程
とは違う場所にあり、触れてみると全体が愛液で濡れている感じなので、
もしかしたら私が寝ている間も、彼女はバイブレーターを膣内に挿入して
快楽を享受していたのかも知れません。

彼女の指で押された肛門の内部は不思議な感覚が残っていて大きくなった
ペニスは萎えることなく彼女を待っていました。

1-hair-195.jpg

今度はセックスではなく彼女が望むフェラチオによって彼女に私の精液を
味わってもらうことになりそうです。


官能的だった(5)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。