So-net無料ブログ作成

妊娠中の人妻とセックス -6 [アブノーマル]

お腹が出ている割には素早い動きで、正常位の体勢からペニスを引き抜き
私を押し倒して彼女が上になったのでした。

柔道かレスリングの選手のような動きでしたが、後で聞いたら特にそんな
スポーツはしていないということでしたが、なんだかコロコロと転がって
気付いた時には彼女が跨っていたという感じでした。

私のペニスを右手で数回擦ると自らの膣口に亀頭を押し当て、ゆっくりと
腰を落としてペニスを飲み込んでいきます。


girl-553.jpg

私の胸に手を突いて膣の最奥部分には当たらないように自制していますが
快感の上昇と共に彼女の動きがどうなるのかは、私には予測不能な状況に
なっていたのが実際のところです。

腰を前後に振って、亀頭がGスポットを擦る感触を感じた後は左右に腰を
振って膣口で締め付けて、膣内の襞がペニスと絡む感触を自らのペースで
味わっているという感じでした。

1-hair-169.jpg

そんな感じでペニスを支柱にしたような体位でユラユラと私の上で快楽を
感じながら揺れていましたが、徐々に高まる快感を我慢することできなく
なった彼女は、ついにペニスを根元まで飲み込み上下に激しく揺れて膣内
のペニスを締め付けながら、子宮口に亀頭が食い込むような深さで深々と
ペニスを飲み込み、強い快感を感じているようでした。

自らの意思で根元までペニスを飲み込んだ彼女を、妊婦とは解っていても
動くのを止めて浅めに交わろうなんて言える雰囲気ではなく、久し振りの
セックスで感じている彼女の動きを助けるように支え、少しでもショック
が和らぐようにと腰を引き気味にするぐらいしかできませんでした。

もうイク、イッチャウと叫ぶと、体重をそのままかけてペニスの上に腰を
落とし亀頭には子宮を突き上げた感触が重く響いてきましたが、その瞬間
私も我慢は限界となり、もう既に先客のいる子宮めがけて、数千万、数億
の精子を放出したのでした。

しばらくそのままの状態で抱き合っていましたが膣内の強い圧力に負けて
まだ萎え切ってはいないペニスでしたが、押し出されてしまいました。

ペニスが押し出された後には、私が膣内へと放出した濃厚な精液がドロリ
と垂れ落ちてきましたが、異変を示すような出血などは無く一安心という
スリルとサスペンスのセックスが終わりました。

1-hair-171.jpg

奥まで突いて痛くなかったの?と聞くと、正常位でセックスしていた時は
胎内の子は全く動く様子がなかったけれど、騎乗位になってからは子宮の
下の方に降りて、ペニスが当たる度に蹴って対抗していたものの彼女自身
が頂点への階段を駆けあがるタイミングで、ペニスに対抗するのを止めて
子宮の上の方に上がって、お母さんが達することを助けたらしいです。

そんなことがわかるの?と不思議な感じでしたが、妊娠してから数カ月を
一緒に暮らすことで母親の体調に合わせて動いてみたり、運動をしている
様子に合わせて動いたりするようになっているから今回はセックスをして
欲求不満を晴らそうとしていたことを察して、膣内での射精までを許した
ということではないかと彼女は言っていました。

午前中いっぱいをかけたスローなセックスは一区切りをつけました。


官能的だった(7)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。