So-net無料ブログ作成

無毛の股間に埋没した私 -1 [性愛]

恥丘だけでなく割れ目の周囲も全て陰毛が処理された状態の女性器と対面
して、その女性器の中に精液を発射するまでの話を記憶を辿りつつ書いて
行くようにします。

初めてパイパン女性とセックスをしたのは東京・浅草のホテルでした。
東京出張の際に、前夜から私が宿泊しているホテルに彼女が訪ねて来て、
私が宿泊している部屋でのセックスでした。

二泊で予約を入れていたので当日の昼間の間は完全にフリーで使えるので
ラブホテルのようなセックスを盛り上げるビデオやエロティックな内装は
期待できませんが、ダブルルームを取っておけば極端に狭くもないので、
二人が一日セックスを楽しむ程度ならば充分だと思っています。


girl-452.jpg

午前中に彼女が訪ねてきて夕方までのセックスデートでしたから廊下から
客室清掃をするルーム係の声が聞こえてきたりしていたので、ラブホテル
のように大きな喘ぎ声を自由に出すというのは難しいと思いましたが逆に
声を出すことのできない制約のあるセックスも、想像以上に盛り上がると
いうことにも気付くことのできた逢瀬でした。

彼女とは事前にメールで打ち合わせをして、私はシャワーを浴びて待つと
いうことになっていたので約束通りにシャワーを浴びて、バスタオル一枚
を巻いて待っていて、彼女が部屋に入るのと同時にキスをしました。

会いたいというメールを初めてもらってから、数か月の間はなかなか時機
が合わなかったので、メールの交換という限られた連絡方法の中でも着実
に二人の間は盛り上がり、初めてあったとは思えない濃厚なキスの時間が
しばらく続き、勃起したペニスがバスタオルを持ち上げました。

彼女はキスを続けながらバスタオルの中へと指先を侵入させ、亀頭の部分
を掴むと数回上下に擦ってから、シャワーを浴びてくるねと言い残して、
バスルームへと消えて行きました。

girl-449.jpg

ベッドの上の布団を足元に纏め、光の射し込む窓にブラインドを下ろして
なるべく薄暗い部屋にしようとしましたが、日差しが強くて早朝のような
明るさにするのが精一杯で暗い部屋でしかセックス出来ないと言われたら
困るなぁ、なんて思いながらベッドの上で待っているとバスタオルで、胸
までを隠した彼女が出てきました。

明るいけど大丈夫?と聞くと、そんなに気にならないから大丈夫と答えて
くれたので、まずは一安心という感じでした。

バスタオルを巻いたままの彼女をベッドの上へと引き込み、バスタオルの
隙間から手を挿し入れてバストを揉み、そのまま股間へと指先を動かすと
事前に聞いていた通りに股間には一切の毛が生えていませんでした。

girl-457.jpg

バスタオルを閉じ合わせた部分を解いて左右に開き、ベッドの上で彼女の
体からバスタオルを引き剥がすと、室内が一瞬明るくなったように感じる
ほど、真っ白な彼女の裸身が現れました。

股間を覆う陰毛のない裸体は、全体に本当に真っ白で生まれて初めて見る
成人女性の無毛の股間にしばらく動きが止まったのでした。


官能的だった(6)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。