So-net無料ブログ作成

ラブホテルでの大切な時間 -5 [ラブホテル]

私の上に乗ったまま、しばらく動かない彼女でした。
彼女が腰を振り、上下に前後にと体を動かしたことによる疲れもあるし、
そしてまた、性器を結合させて擦り合わせることによって得られた快感の
余韻を反復しているのかも知れません。

こんな時、重いでしょう?と聞かれることもありますが、不思議なことに
女性の柔らかい体が覆い被さっていても本当に重みは感じません。
柔らかい乳房、擦れ合って絡み合った陰毛の感触、そして彼女の膣内から
溢れ出てくる愛液と精液が私の上に流れ出てくる感覚。
その全てが、この女性と今セックスをしたという実感に繋がってなんとも
言えない満足感を感じます。

彼女が体を起こし、隣に反転して寝転ぶと私も体を反転させて彼女の正面
に向かい合い、腕枕をして抱き寄せ彼女の側面に沿って指を這わせます。


pantie364.jpg

腋の下から乳房の横を通り、腰のくびれで一旦下がりヒップラインの坂道
を爪先を軽く接触しながら登りつめ、太股の方へと下り坂を伝いながら、
手前の方へと指を下向きに動かすと愛液と精液で割れ目の方にピッタリと
張り付いた陰毛の部分に到達します。

陰毛のラインに沿って横に指を動かすと、割れ目の内側へと指が入り込み
快感で固くなったクリトリスが、存在を主張するかのように包皮の中から
盛り上がっているのを確認できました。

pantie365.jpg

まだ止まることなく精液が流れ出している膣口に指先を挿し入れヌルヌル
とした液体をたっぷりと指先につけてクリトリスを押すようにして愛撫を
始めるとセックスの余韻が残る彼女は、再び甘い喘ぎ声を出しながら股間
を開いて、私の愛撫を受け入れてくれました。

膣口の中に人差し指を挿し入れて、内側の感じる部分を触れていると更に
中指を入れるスペースが出来てくるので、二本の指を膣内に挿し入れて、
ペニスを動かすかのように動かして、子宮口を突き上げます。

ダメ、ダメだってばぁ~と言いながらも腰を引くことはありません。
そんな風に言葉と体が裏腹な彼女の感じ方が大好きで、膣内に挿し込んだ
指先を抜く気にはとてもなれません。

右手の二本の指を膣内に入れたまま、親指を使ってクリトリスを愛撫して
左手で乳房を揉み、舌で乳首を舐めるようにして、彼女の官能が休むこと
なく続くようにと愛撫を続ける私でした。

1-hair-80.jpg

一度目の射精をしてから彼女の体に触れていない時間は全くありません。
それが私の愛し方なのですから。


官能的だった(6)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。