So-net無料ブログ作成

大切な人と素敵な時間 -12 [元恋人]

薄明かりの中、白い裸体の上で艶々と黒光りする陰毛の向こう側でローズ
ピンクの花びらが左右に割り開かれて、四度目の交合であるにも関わらず
彼女の愛撫に素早く反応して、隆々と立ち上がったペニスが少しずつ膣の
奥へと進入していきます。

何度、彼女の中に挿入しても性感が鈍ることもなく、ペニスを締め付ける
膣口の部分で勃起力が強まり、膣内の襞に巻き付かれるようにしてペニス
が刺激を受けることで、さらに一回りペニスが大きく膨らむような感覚が
得られて彼女との繋がりが、より強固なものになる感じがします。

三度目の射精までに彼女の膣内で何度ペニスを擦り合わせたのか、なんて
当然、数えるわけもないのですが、数十回?もしかしたら百回以上になる
のかも知れませんから、彼女の膣口が擦り切れたようになってもおかしく
ないように思います。


girl-296.jpg

でも、そんな擦り切れた性器でも私を受け入れてくれる彼女。
ペニスを挿し入れたままで乳首を触り、柔らかい乳房を持ち上げるように
して揉んでいると膣内からペニスを伝い新たな愛液が湧き出てきました。
これだけ濡れれば下から突き上げても痛みは少ないだろうと思って騎乗位
の彼女を抱き寄せて、彼女の腰を押し付けるようにして、膣内にペニスを
何度も押し入れて抜き差しを繰り返し、彼女の体温を感じました。

hairy361.jpg

一日に何度もセックスをすると、溜まっていた精液も枯渇して射精する事
も難しくなってくるので、結局は今日の挿入はこれで終了となるわけです
が、彼女の中にペニスが入っている時にはどういうわけか何度でも普通に
射精感が高まってくるのが不思議な感覚でしたが、突き上げるたびに彼女
が発する喘ぎ声が刺激的過ぎて、結局また我慢し切れなくて彼女の中へと
四度目の精液を発射しました。

hairy362.jpg

熱くヌメヌメとした膣内に少量とはいえ精液が発射されて、彼女の膣内が
セックスの開始時のように熱く濡れた蜜壷状態になっています。

「大好きだよ」「私も」そんな会話がとても心地良く交わされて、彼女の
ことが、ドンドン好きになっていく自分に気付きました。


官能的だった(6)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。