So-net無料ブログ作成

大切な人と素敵な時間 -8 [元恋人]

再び彼女が高まってきて、指先を濡らす液体の量が増加してきました。
股間から太股、そして陰毛がふんわりと覆い隠している辺りまでが細かく
振動し始め、徐々に余震から大きな地震に変わるように激しい動きになり
耳元で、もうダメヘンになっちゃう、おかしくなっちゃうと喘ぎ声を上げ
彼女が仰け反りました。

一度目の射精から二度目の射精、その感覚よりも短いように感じましたが
大きく足を広げて前後に腰が動いている姿を見たら、やはり彼女の中へと
ペニスを押し入れて彼女の高まった官能をさらに昇華させるのが男として
そして、恋人だと自分自身が思っている彼女への愛情表現であると私的な
ポリシーから三度目の挿入を正常位ですることにしました。

ほんの少し理性が失われているような、そんな欲情した彼女の股間を両手
で開いて、ほんの少しの薄明かりの中で艶々とピンク色に悩ましく艶めく
膣口に亀頭を押し当てて、軽く腰を前に突き出してみます。


pantie338.jpg

バージンで無く、ほんの少し前までに既に二度のセックスをしているはず
の彼女の膣口は柔らかい弾力でペニスの侵入を拒んで、亀頭を押し返して
きたのでした。

セックスをした直後には膣口がゆるくなって、一日に二度も三度も結合を
しても気持ち良くないからと奥さんや恋人とのセックスも、一日では一度
だけしかしないという人もたくさんいるようですが、それは膣が緩むから
ではなく、自分自身のペニスが固く勃起しないために複数回のセックスを
しないのではないかと私的には思っています。

hairy359.jpg

一日に何度セックスをしようが、女性器が緩んだままになるなんてことは
彼女の女性器にはありえない事でしょうし、それは多分、彼女だけでなく
どの女性でも変わらないと思います。

何度挿入して何度感じても、そして何度射精しても気持ちと気持ち、二人
の体調が良ければ、何度もセックスしたくなることはきっとあるはずだと
思っています…と話がそれつつあるので元に戻します。

hairy356.jpg

ペニスの根元を右手で掴んで、左手で彼女の膣口を広げて今度は少しだけ
強めにペニスを押し付けて、グッと腰を突き出すと、今度は彼女の中へと
飲み込まれていき、亀頭が見えなくなり根元までの全てが彼女の体内へと
入り込み、お互いの性器に再び、快感を伝え合う準備が整いました。

ゆっくりと、時間はそんなにはありませんでしたが、それでも二人の時間
は大切にしたいので、ただ精液を膣内に放出するだけのセックスではなく
お互いの快感ポイントをもっと幾つも探るような、きめ細かい愛撫をする
という目的を持って、三度目のセックスをスタートしました。


官能的だった(5)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。