So-net無料ブログ作成

大切な人と素敵な時間 -4 [元恋人]

理性の部分で、もっとゆっくりと彼女を感じたいと思っている自分がいて
感情の部分では彼女をもっと感じさせたいと思っている自分がいますが、
実際には自分自身の腰の動きを抑えられないほど彼女の中が熱く感じられ
気持ち良いという感覚に支配されている自分がいました。

私の上で腰を振り、時々抱きついてキスを求め、そして甘い喘ぎ声が耳元
に響いてきて、私は射精をコントロールすることを放棄しました。

彼女とのセックスで射精をコントロールすることなんて空しい抵抗をして
結合時間を伸ばすよりも、射精した後でも変わることなく抱き続けて愛撫
をして、感じてもらうことは出来るのだから…と考え方を変えると彼女の
膣内の感触がもっと高まったような気がして結合してから本当に短時間で
一度目の迸りを彼女の中へと注ぎ込む瞬間が来ました。


girl-248.jpg

腰のくびれを私の股間に押さえつけて、ペニスを根元まで突き上げて亀頭
の先端に子宮口が密着した感触が得られたのと同時にイクよと彼女に声を
かけ、膣の最奥の部分に、溜まっていた全ての精液を浴びせかけるように
して噴出させました。

膣口がペニスの根元を締め付けて、精液が漏れ出さないように動くのは、
彼女の意志ではなく本能的な動きだとわかっていても、彼女が私の精液を
求めているような気がして、とても嬉しく感じます。

girl-247.jpg

膣内全体がヒクヒクと震えるようにペニスを包み込んで動いていますが、
彼女自身がイッたわけではないので、これまた射精を関知したことにより
女性器自体が本能的に動いているのかも知れません。

私のペニスを膣内に飲み込んだまま、私に体重を預けて脱力している彼女
にとても強い愛しさを感じ、そのままの姿勢で彼女を抱きしめ髪を撫でて
いたのでした。

膣内に押し入れたペニスは、そのまま萎えることなく精液が溢れ出すのを
阻止するように膣口に蓋をした状態のままになっていましたが、さすがに
全ての精液を送り出したこともあって、少しずつ固さを失って膣の中から
押し出されてきました。

ペニスの後を追うようにして、彼女の中へ注ぎ込んだ精液が溢れ出てきて
一瞬、精液の臭いがベッドの上を覆ったような気がしました。

1-hair-53.jpg

膣内から精液と愛液を溢れ出させながら、隣に寝転んだ彼女の割れ目部分
に素早く手を伸ばして、余韻に浸る膣口とクリトリスへの愛撫を継続する
準備を整えました。

二度目の愛撫であってもキスは大切な彼女へのご挨拶です。
まず、キスから始めて彼女が無言の了解をしてくれるのを確認してから、
クリトリスへの愛撫に神経を集中させることにしました。


官能的だった(6)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。