So-net無料ブログ作成

鏡張りの部屋の中で -3 [性愛]

ピンクの照明で照らし出された裸体は、いつもの白い素肌とは違っていて
扇情的な雰囲気に溢れていて、非日常的な感覚が強く感じられます。

自然光と白を基調とした清潔感のある現在のラブホテルが日常空間の延長
として存在しているのに対して、以前のラブホテルは確実に異次元世界で
セックスを主目的とした人が行為に没頭するための空間だったことが充分
に理解出来る場所だったことが実体験できたわけです。

セックスをする場所に来て、行為をためらう理由などありません。
彼女の唇に私の唇を近づけて、触れる寸前に顔を離したり近付けたりして
焦れた彼女が舌を出して私の唇が接触することを求めてくるまで同じこと
を繰り返していました。


pantie258.jpg

唇が触れる前に舌と舌が触れ合って、彼女とのキスが成立しました。
そのまま唇を押し付けるようにして上・下・そして全体を舌先でゆっくり
と、でもほんの少しだけ触れる程度の距離で舐めるようなキスをします。

唾液を絡めるようなウェットなキスではなく、でもただ唇を重ねるだけの
ドライなキスでもなく、彼女の唇自体を彼女の大切な部分と同じように、
丁寧に優しく柔らかい感触をじっくりと感じながらキスを続けます。

チラリと横目で壁面を見ると目を閉じてキスを受け入れてくれている彼女
の姿態が映し出され、ピンクに染まった乳房の先端がツンと固くなって、
性的興奮状態が高まっていることを示しています。

唇を密着させ、彼女の舌と舌を絡めたり、口の中の柔らかい部分を舌先で
チロチロと舐めたりしながら乳房に手を伸ばし、柔らかく温かいふくらみ
を手の平で包んで、下から持ち上げるようにして揉んでみます。

pantie259.jpg

唇を塞いでいるので声が出せない彼女の呼吸が荒くなることで乳房から、
快感を得られていることが伝わってきます。

乳房の表面をゆっくりと指先を伝わせて乳首へと場所を変えて、より丁寧
に愛撫を続けていると呼吸が苦しくなってきた彼女が唇同士の結合を解き
より深い快感の得られる性器同士の結合を望むように体を開いて私の方へ
抱きついてきたのでした。

二人で並んでいる状態から、彼女の乳房を揉んでいた手をわき腹から陰毛
の茂る恥丘へと移動させ、柔らかくカールした陰毛を指先に巻きつけて、
再び焦らすように陰毛を軽く引いたりしていると、彼女が両足を交差して
さらに中心への愛撫を求めるように腰を振りました。

右手で陰毛を絡め、左手で乳房を揉み、唇から乳首へと位置を変えた唇で
それぞれに彼女の体を味わうような愛撫を続けて、女性器を愛することは
まだまだ、焦らし続けていた私でした。

hairy303.jpg

彼女を抱き上げるように少しずつ移動すると彼女の姿がはっきり鏡に映り
抱き寄せながら壁に対して足元を平行にするようにすると、彼女の股間も
意外にはっきりと映し出されることが確認できました。

せっかくの機会ですから愛撫に反応する彼女の姿を、見えるがままに彼女
に伝えていくという、ちょっとした羞恥プレイみたいなことをしてみよう
そう考えた私は、彼女の快感をさらに高める行動に移ることにしました。


官能的だった(5)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。