So-net無料ブログ作成

気が遠くなるまで -3 [性愛]

一度目の絶頂へと上り詰めた彼女が息を荒げたままですが、一度ピークに
上り詰めた時は、休む暇がないように何度も頂点へと誘うのが私流。

もうすでに愛液が溢れ出ている状態の膣口に人差し指を挿しいれて膣内の
感触を確かめてから、もう一度愛液を指にたっぷりと塗りつけて、包皮の
中から存在を主張するかのように立ち上がっている小さなペニスのような
クリトリスに押し付けます。

人差し指を使って、ゆっくりとクリトリスを擦りながら、中指を膣内へと
差し入れていくとGスポットに当たる部分では、ビクビクと体を震わせて
クリトリスと膣内からの快感を、あるがままに受け入れています。


pantie150.jpg

ベッドの上で悶え、喘ぎ声を発して股間を大きく開いている姿を見ると、
すぐにでも彼女の上に移動して、膣口にペニスを押し当てて一気に奥まで
刺し貫きたい衝動が沸いてきますが、まだまだ彼女の動きには余裕があり
ペニスを埋没させることで最高の快感を得られるという状態ではないのは
喘ぎ声に多少の遠慮が感じられることからわかります。

他の部屋にいる人に性的快感から発せられる大声を聞かれたくないという
羞恥心から大きな声を出さないようにコントロールしているのは、彼女の
理性が残っていることを証明しているわけですから、もっと深く強い快感
で彼女の理性を吹き飛ばし、セックスの虜になるまで愛撫をすることで、
彼女により強い快感を与えられる…そう考えていた私は彼女が掴んで擦る
ペニスへの快感に耐えて、もっと強く感じて欲しいと念じながら彼女への
愛撫を続けたのでした。

膣内に挿し入れた中指が締め付けられる感触がして、彼女の声が少しずつ
大きくなってきて二度目のピークが近付いてきたのがわかります。
ペニスを握る手に力がこもり、右手は私の左手を握って体全体をブルブル
と痙攣させて、大きな声で絶叫するようにイク!と叫んで二度目の頂上に
彼女が上り詰めました。

もうダメ、欲しい入れてと腰を振りながらペニスを擦って、膣への挿入を
お願いする彼女の体を開いて、ヌルヌルに濡れている割れ目全体を前後に
亀頭でなぞって、彼女の愛液をたっぷりと亀頭に塗って膣口に押し当てる
と、スムーズに彼女の膣内へと飲み込まれていくペニス。

私のペニスが大きいとは思えないので、彼女の膣口が特に狭いと思います
が、その小さな膣口でも彼女に痛みを感じさせないように挿入できるのは
彼女の膣内から湧き出てくる大量の愛液のおかげなのでしょう。
人間は自分の体を守るための防衛本能があるというのはセックスの場合も
対応できるようになっているのかも知れません。

膣内にゆっくりと挿入したペニスは根元まで全て膣内に飲み込まれました
次にすることは、膣内の襞に亀頭のエラを絡めて彼女の内部を刺激して、
三度目の絶頂を感じてもらうことなのです。


官能的だった(4)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。