So-net無料ブログ作成

不倫のスタート・セカンドバージン [性愛]

情熱的な恋愛の末に、今まで誰にも見せたことのない大切な秘部を開いて
男性の熱く固く屹立したペニスを膣内に受け入れる初体験。

文字通りに情熱的な恋愛をして初体験に至った人が、どれぐらいの割合で
存在しているのかといった統計と言うか、アンケートは今まで見たことが
ありませんから、初体験の満足度というのは数字としてはわかりません。

ただ、何人かの人に聞いた話では、先輩に一緒にセックスをしてみないか
と言い寄られてとか、勢いに乗ってとか、処女だと思われるのが嫌だから
虚勢を張っていた時に経験済みならいいだろうと半ば強制的にセックスを
させられてしまった、なんて感じで真剣に恋愛をした結果として、処女を
捧げたというような初体験をした人は少なかったですね。


first-sex113.jpg

なんだか本当に愛されていないまま処女を失い、そのまま結婚をしたとか
処女を喪失した後も何人かの人とセックスを経験したけれど、結局は肉体
としての快感を得ることはあっても、精神的な充足感を感じていないまま
夫婦生活が続いているという人も結構多いようですね。

結婚するほど好きなはずのパートナーなのに、結婚後は生殖行為としての
セックスのみで排卵日の頃を計算して精液を受け入れるものの快感なんて
二の次、三の次で、子どもさえ出来ればセックスすることもなくなって、
時々、夫の性欲処理のためだけにコンドームを付けて、体を開き正常位で
短時間の間に欲望を吐き出すためだけのセックス。

そんなカップルも日本の夫婦の三割程度を占めているという推測があって
性生活の充実なんてことは、日本人の夫婦には重要でないのかな?なんて
思うこともあります。

初体験を充実した愛情を感じながら経験したカップルと、違和感を残した
ままのカップルでは、もしかしたら、その後のセックスに対する感じ方が
違うのではないだろうか?なんてことも考えましたが、まだまだ自分自信
に他人の性生活を比較検討するほどの経験がありませんので、処女喪失と
その後のセックスライフの充実についての因果関係はわかりません。

ただ、精神的な部分を救済する方法として、セカンドバージンを経験する
という方法がありますよね。
相手が、そして自分自身が、もし結婚していてもセカンドバージン喪失は
それらとは全く関係はありませんから、本当に心から尊敬できる人とか、
愛することの出来る人とお付き合いをして、愛情が溢れるセックスをする
という事で、女性としての性の目覚めが可能なのではないでしょうか。

恋をして、愛を感じてセックスをして、その結果、初体験のトラウマから
開放されるのならば、それはとても有意義なセカンドバージンの喪失では
ないかと思います。

本来の意味での処女喪失が、不本意だった人にとって二度目の処女喪失は
精神的な満足感を得るために重要な事かも知れませんね。
愛する気持ち、愛される気持ちは大切なことだと思います。

「妻のいる男」の愛し方 強くて綺麗な女になる 新・不倫のルール「妻のいる男」の愛し方 強くて綺麗な女になる 新・不倫のルール
家田荘子

妻たちのお菓子な恋: 平日午後3時、おやつの時間に手がのびる 不倫のリーガル・レッスン (新潮新書) なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂) 恋が終わって家庭に帰るとき 妻と恋人 - おぼれる男たちの物語 (2011-09-22T00:00:00.000)

by G-Tools



官能的だった(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました