So-net無料ブログ作成

薄い布地の向こう側 [性愛]

女性と待ち合わせをする時、ダメで元々と思いながらノーパンで来てねと
言うことがありますが、さすがに電車の駅で待ち合わせる時には、どんな
不測の事態があるか判りませんから、了解が得られたことはありません。

ただ、女性が車で迎えに来てくれる時には会う直前に車の中でパンティを
脱いでから待ち合わせ場所に来てくれたことがあって、そんな時はあえて
スカートの上から恥丘の部分をスリスリと触れて、直接感じる陰毛の感触
に興奮を高めることがありました。

また、電車の駅まで車で迎えに行った時に駅のトイレでパンティを脱いで
車に乗ってきてくれたことがあり、それもまた感動まではしませんが私の
ためにありがとうという思いで盛り上がったものです。


やはり股間が直接、触れてしまうパンツやジーンズではノーパンは無理と
いうことで、ノーパン出来てくれる時はスカート姿ですから、痴漢行為に
遭ったりした場合には痴漢を喜ばせるだけになってしまうので、電車内で
ノーパンはマズイわけで、いろいろと難しい要望ではあるわけです。

では、いつもノーパンが良いかというと我儘なことにパンティを少しずつ
ずらしながら愛撫をするのも、また官能的なことで、パンティの薄い布地
の上から、女性器の形を間接的に感じながら愛撫を続けていると、布地を
染み出した愛液が指先に触れるようになり、女性器の形がくっきりと表面
に浮き出てくるようになって、視覚効果が高くなります。

パンティを一気に下げるよりも、パンティの中に手を入れて少し不自由な
感覚を感じながら立ったままでクリトリスを愛撫していると、女性も少し
不自由な体勢が被虐的なのか、濡れ方が激しいようにも感じます。

単なる薄い布地であるパンティーが性的興奮を高める小道具になった時が
女性とのセックスの準備が整った瞬間だと私は理解しています。

妻たちが溺れた婚外セックス (文庫ぎんが堂)妻たちが溺れた婚外セックス (文庫ぎんが堂)
加藤 文果

満たされたい私たち―OL夜のヒミツ箱 (文庫ぎんが堂) バイブと純愛 (無双舎F文庫) 売春未満~新・名前のない女たち 素人女性編 プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (幻冬舎アウトロー文庫) いい女はみんな淫乱 OLのリアルSEXライフ

by G-Tools



官能的だった(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました