So-net無料ブログ作成
検索選択

想いを込めて -2 [性愛]

客室に入ると、最近主流のシックな色使いとか正反対なポップな壁紙とは
ほとんど無縁な単色の壁です。

テレビも新しいラブホテルでは常識の薄型フラットテレビではなく、一昔
前のブラウン管式の大型テレビに、ビデオデッキがついているタイプ。
空調も音の大きいエアコンということで、昭和枯れススキのような貧相な
カップルだったら、ドンドン陰気な方向に行きそうな雰囲気です。

でも、前向きな自由恋愛を標榜するカップルにとっては、古臭い雰囲気も
一種のレトロということで、特に気にすることはないのです。

続きを読む


想いを込めて -1 [性愛]

なかなか会えない人と休みを調整して、なんとか機会を作り出し数時間の
短い逢瀬を目一杯の体力と気持ちで愛し合う…そんなデートを繰り返すと
身体だけの関係ではなく、愛情に満ちた関係になるものです。

外面だけの関係だと、シティホテルとかラブホテルでも最新式のタイプの
ところへ行くと思いますが、ちょっと(かなり)古いタイプの一階が車庫
二階が客室というタイプのラブホテルにも行ったことがあります。

同じ時間を過ごすなら、料金的に安いほうがいいから。
そんなことを言うと、それこそ恋愛関係ではない場合にはひんしゅくモノ
で次回以降のデートはあり得ないということになりそうですが、遠距離で
デートをするのなら、ホテル代はなるべく控え目に、精算の時には割り勘
にするというような部分が必要ではないかと思うんですよね。

続きを読む


ラブホテルでデート -10 [性愛]

それぞれに別の暮らしのある二人にとって、密室の中で愛し合う時間には
限りがありますから、ラブホテルのサービスタイムを目一杯利用する事は
気持ちの中で望んでいても叶わないことです。

限られた時間の中で、出来る限り何度も愛し合いたい…そんな思いで体力
と精液の続く限り、そして彼女も体力と愛液が続く限りのセックス
この日最後の交わりを再び前戯から始めて行きます。

彼女の体を包み込むように抱き寄せ、乳房、乳首と女性器の三箇所を同時
に愛撫するいつもの方法で、彼女の体を刺激していきます。

続きを読む


ラブホテルでデート -9 [性愛]

ぐったりとして私の上で荒い呼吸を続ける彼女。

さすがにエンドレスセックスを続けるような体力もなければ、そんなに
セックスに飢えているわけでもありませんから、彼女を私の隣にゆっくり
と転がして抱き合い、キスを交わして休憩をします。

ラブホテルで一日を過ごすと言っても、ただ繋がっているだけではなく、
時には日々の暮らしの中での出来事の話をしたり、タレントの話もしたり
して、お互いの体に触れ合いながら、時間を過ごすのも好きなのです。

短時間で二回目の射精をしたため、精液はほとんど放出されていないので
彼女の膣口から漏れ出てくるのは愛液のみでした。

続きを読む


ラブホテルでデート -8 [性愛]

一度目の結合から、そんなに時間が経っていない中での二度目の結合。

快感の高まりに射精を我慢できない一度目と違って、二度目の場合は精液
がほとんど残っていないということで、射精までの時間が長くなるので、
余裕を持って膣内の感触をペニス全体で感じることが出来ます。

彼女の両手の平を私の手に合わせて、彼女の体重を受け止めながら子宮を
ペニスで押し上げるつもりで、下から膣内を突き上げます。

体重の軽い彼女は下から突き上げた瞬間にペニスの半分ぐらいの部分まで
体が持ち上がり、その直後にズンと彼女の胎内を突き刺すような勢いで、
彼女の女性器にペニスがめりこんでいます。

続きを読む