So-net無料ブログ作成
検索選択

さよならの前に -3 [性愛]

しばらくの間、彼女を抱きしめて、まどろむ彼女の髪を撫でていました。

これで最後にしようと彼女は言いますが、本当にこれで終わりなの?
そんなことを思っているうちに自分自身も眠ってしまい、気が付いた時は
彼女が起きていました。

二人とも最後だという言葉を口にしないまま、再び、彼女の女性器に手を
伸ばし、少しだけ濡れている膣口から、愛液を指先に塗ってクリトリスに
塗り広げていきます。

一度目の射精までには時間がかかったものの二度目の勃起は緊張が解けた
こともあってか早くて、彼女の性器から愛液が漏れ出てくるタイミングに
合わせることが出来ました。

続きを読む


官能的だった(4)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚