So-net無料ブログ作成

さよならの前に -1 [性愛]

いつものパターンとは少し違う話を書いてみようと思います。

さよならの前の最後の逢瀬に、淡いブルーのTバックで現れた彼女。
今日はパンティを履いたまましようと彼女から提案がありました。
ちょっとお酒を飲んで、甘いアルコールの匂いがする彼女にキスをして、
火照った体を抱きしめます。

アルコールのせいなのか、彼女自身が敏感になっているのか…その理由は
よくわかりませんが、乳首の立った彼女の乳房を揉み、立った乳首の先端
に舌を押し付けて、乳首をコロコロと刺激するように舐めると彼女の声が
口から漏れ出し、ラブホテルの室内に響きます。

両方の乳房を揉み、乳首を舐めながら下半身へと指先を滑らせていくと、
股間にピッタリと張り付いたパンティが、しっとりと湿気を含んで温かく
なっているのがわかります。

続きを読む