So-net無料ブログ作成
検索選択

琵琶湖のほとりで -2 [性愛]

話をしている間に、もうこんなになっちゃったの…と彼女は言いました。

目の前にある割れ目に沿って指を動かし、そのまま柔らかな感触を伝って
指先を進めて行くと自然に愛液の溢れだす膣内へと導かれました。

あん、と彼女が小さな声を上げました。
ラブホテルの室内ならば全く気にならないほどの小さな声ですが、湖の方
からの涼風で草が揺れる音と小さな波が繰り返し寄せてくる音がするだけ
の静寂の世界ですから、思わず一瞬体が硬直するほど驚きました。

本当に静かな時には、人の声というのはとても大きく聞こえるものだなと
この時に初めて実感したのでした。

続きを読む