So-net無料ブログ作成
検索選択

ラブホテルでデート -6 [性愛]

一度目の頂点から緩やかに下降している彼女の余韻を、もう一度上向きに
高めていくように、と後戯なのか前戯なのかの区別はつきませんが、再び
彼女の感じやすい部分へと手を伸ばしていきます。

始めの前戯とは違って、彼女の膣口から割れ目全体にかけては濃厚な精液
と大量の愛液によって潤っているので、感触もスムーズで体をひくつかせ
ながら愛撫に反応する彼女も、一度目とは違い柔らかく開きやすくなった
膣口に二本の指を受け入れてペニスで貫かれているかのように股間を開き
快感に身をよじっています。

一度、私のペニスを受け入れ、身体の奥に精液を受け止めたこともあり、
愛撫をする指先の動き、一つ一つに対して素早く、鋭い感度で反応をして
膣口から新たな愛液がまた溢れ出し、膣内に残っていた精液が一緒に外へ
漏れ出しているようで、再び、私が放った精液の匂いが広がりました。

続きを読む