So-net無料ブログ作成
検索選択

琵琶湖のほとりで -3 [性愛]

我慢できないよ…彼女がゆっくりと腰を前後に動かし始めました。
ゆっくりと静かな動きですが、子宮口に密着した亀頭の部分はグリグリと
押し付けられるペニスへの刺激を強く感じています。

根元の部分は腰が動くたびにキュッと締め付けられて、彼女の女性器が、
別の生き物になったような錯覚を感じます。

薄手のシャツの下から右手を差し入れてブラジャーをたくし上げ、乳房を
揉みながら指先で乳首を探すと、固くなった乳首が、愛撫を求めて自らの
存在を誇示するかのようになっていました。

乳首を指先で転がしながら手の平で乳房を揉み、左手は彼女の腰に巻いて
彼女が自ら快感を高めていけるように腰を動かすのをサポートします。


pantie379.jpg

咥えていたハンカチを口から外し、私のキスを求める彼女。
柔らかい唇の中から、ちょっと体温の低い舌先が出てきて私の舌と絡まり
舐め合い、そして唇と舌を吸い合いました。

outdoor-11.jpg

性感の高まりと共に、彼女の腰の動きが激しくなり結合部からの湿った音
はさらに大きくなって、静寂の中に響きます。
漏れ出そうな声を抑えようとキスを続ける彼女が呼吸困難にならないのか
という心配をしてしまうほど、彼女のキスは強く激しいものでした。

彼女のピークが間近になり、私も彼女と一緒にイクことを目指して、両手
で彼女のお尻を持ち上げるようにして、ペニスの抜き差しを繰り返すと、
遂に絶頂に達した彼女は膣口から子宮口にかけて、私のペニスを包みこむ
全ての部分をピクピクと痙攣させて頂点へと上り詰めました。

そんな彼女の刺激に耐えることなんて出来ません。
私もほぼ同時に彼女の中へと溜めていた精液を放出し膣内に温かい液体が
満たされていくのをペニスでも感じていました。

はあはあと息を荒げながら、ギュッと抱きつく彼女。
セックスの時にもっとも幸せを感じる瞬間だと、私は思っています。

outdoor-6.jpg

遠くの方から、一緒に旅行に来た人たちの声が聞こえてきました。
琵琶湖を見に行くと言って、先に出かけて行った人達です。

男女でわいわいと話をしながら歩いてくる声が近付いてきます。
堤防の下なので、道からは見ることが出来ませんが、もしも堤防まで来て
下を覗き込んだり、堤防に降りてくる階段を降りてきたとしたら、二人の
姿は丸見えになってしまいます。

二人でジッと抱き合って、ペニスを挿入したままの状態で目立たない様に
ジーッと固まっていると全く堤防からの景色(星明かりだけですから。)
には興味もないようで、そのまま通り過ぎて行ってしまいました。

緊張感でペニスが小さく萎み、膣口から抜け落ちて彼女の愛液と逆流した
精液で私の股間はベトベトのヌルヌル状態でしたが、彼女のスカートには
全く付くような事がなかったのが幸いでした。

outdoor-16.jpg

下に敷いていたバスタオルで、彼女の股間を拭いハンカチを押し当てて、
その上からパンティを履いた彼女が私の股間の体液を拭いてくれました。
もう既に入浴時間も過ぎていますから、この時間からお風呂シャワー
浴びるということは出来ませんが、翌日には、湖水浴をすることになって
いますから、精液と愛液の臭いが気にはなりますが、そのまま帰ることに
して、彼女と一緒に同行者たちの声に気を使いながら帰りました。

翌朝、今度は宿泊施設の中で彼女の訪問を受けるとは、この時には全く、
予想もしていない私でした。

もっとセックスしたいあなたに (文庫ぎんが堂)
もっとセックスしたいあなたに  (文庫ぎんが堂)大泉りか

イースト・プレス 2014-11-09
売り上げランキング : 26137

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる (文庫ぎんが堂) すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂) ゼロから始めるオクテ男子愛され講座 男子のためのラブテクニック オクテ男子のための恋愛ゼミナール 40歳からのモテる技術 (PHP文庫) 女子会で教わる人生を変える恋愛講座 女のコが本当に感じるセックス いかにして私は12歳年下の女性の心を盗んだのか たった3秒で女性を口説く技術 (中経の文庫)



官能的だった(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました