So-net無料ブログ作成
検索選択

不倫の関係も大切な恋愛関係 [不倫]

大人の恋愛というテーマで記事を書いていますが、もうちょっと単刀直入
に不倫の恋という表現に絞り込みましてですね、全国で不倫の恋に悩む人
の参考になれば、という気持ちで纏めてみようと思います。

以前に書いたように、一般的に大人の恋愛と言った場合、それは不倫の恋
を指し示すというのが通例だと思うのですが、不倫の恋と一言で言っても
その形態はさまざまで、双方がそれぞれに既婚者の場合(単純にW不倫と
形容されますね。)、片方は独身の場合という分け方が出来ますし、相手
が18歳未満のように法的に問題視される場合もあります。

不倫の恋が「不倫」である原点としての既婚者という縛りが外れた場合は
それは一般の恋人同士であって、大人の恋愛ではないわけです。


pantie352.jpg

ではまず、不倫の恋が成立する理由はなんでしょう。
ここから先はあくまでも私の個人的見解による定義付けなんですが、性的
に相性が良いから会っているという関係は、いわゆるセックスフレンドと
いう関係であって、不倫の恋ではないと考えます。

確かにセックス面で相性が良ければ、何度も会ってセックスを繰り返して
身体と身体の関係は深まると思いますが、二人の間に相手を愛する気持ち
が存在しなければ、それはやはりセックスフレンドであって、恋する関係
ではないと思うわけです。

hairy158.jpg

恋という文字の中には、心があり、心が通い合うことで成立するから恋と
呼べる関係になるわけで、いくら相手のペニスを好きになろうが、女性器
の具合の良さに感動しようが、心の面での繋がりがなければそれは恋愛と
呼べる関係ではないという考え方です。

逆に言えば、肉体関係のないプラトニックな不倫関係は存在するわけで、
デートの時にセックスしなくても構わない、一緒に手を繋いで歩いたなら
それで充分に満足というような場合は、純愛不倫みたいな関係であって、
肉体関係だけのセックスフレンドよりも強い絆が出来ていると思います。

hairy159.jpg

映画ドラマで、別れることはもう無理、二人はすでに肉体関係だから!
みたいな台詞を見聞きする場合がありますが、肉体関係があろうと性的な
渇望感からのセックスであれば、人格・性格を愛してしまった純愛不倫の
関係よりも簡単に別れることが出来るのではないかというのが私の見解で
私自身がこのブログのテーマとしているのは、その両方を兼ね備えている
セックスと人格と性格で繋がった恋愛の形、でも相手を縛り付けて自由を
奪うことはしたくないというのが目標とする自由恋愛であるわけです。

なかなか、そんなに理想的な大人の恋愛は出来るものではないと思います
が、そんな関係を構築するために、経験を増やしていくのも、一度きりの
人生を最大限に楽しむという意味では有意義ではないかと思います。

できる男は不倫する
できる男は不倫する松岡 宏行 高橋 潤

幻冬舎 2015-02-25
売り上げランキング : 23569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
女の分岐点 タイツくん式人生相談室 なぜ一流の男は精力が強いのか? 男性ホルモン力を上げれば人生が変わる 不倫のリーガル・レッスン (新潮新書) ウルトラ不倫学 はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書) 不倫女子のリアル (小学館新書) 男の年収は「見た目」で決まる──なぜ、一流の人は「顔色」が良いのか? 大人の「不倫学」 「妻とはできない」こと (WAVE文庫) 損する結婚 儲かる離婚 (新潮新書)



官能的だった(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。